MOXACO
GLOBAL
CARGO Co.,Ltd.

078-797-4422
078-797-4420
sales@moxacogc.com

危険物の海上輸送

可燃性ガスや放射性物質などの危険物を船便で輸送する場合、貨物に危険物と分かる標識を貼り、国際海上危険物(IMDG)規則の厳格な規制に従う必要があります。これは、貨物の取扱業者に害を及ぼしたり、輸送船や環境、その他の財産に損害を与えることがないようにするためです。規則に従うことで、全ての取扱業者が危険な荷物を簡単に認識し、適切な取扱方法で安全に運ぶことができるようになります。 危険物は、9種類の区分に分類されます。

第1類

爆発物

第2類

ガス

第3類

可燃性液体

第4類

可燃性固体及びその他の可燃性物質

第5類

酸化性物質及び有機過酸化物

第6類

毒性及び感染性物質

第7類

放射性物質

第8類

腐食性物質

第9類

その他の危険物質

 

危険物の海上輸送に係る要件

危険物と見なされるあらゆる貨物は、出荷地や仕向地に関わらず、IMDG要件に強制的に従い、輸出及び輸入許可を取得する必要があります。

正しい標識貼付及び分類:IMDG規則の諸分類に当てはまる有害物には、出荷前に適切な標識を貼付する必要があります。そうすることで、サプライチェーンに関わる全員がすぐに有害物貨物を見分け、安全に輸送することができます。

梱包:貨物の分類や種類によって、許容される梱包方法が異なります。有害貨物の荷送人は、内側と外側に適切な資材を使い、安全で簡単に輸送できるように梱包しなければなりません。

SDS(安全データシート):危険物貨物の安全な取扱と輸送のための、詳細な指示が記載された書類。

許可証:化学物質を輸出入するには、荷送人は許可を取得しなければなりません。有害貨物に対して適切な準備が出来ていなかったり、危険物の輸送に必要な種類が揃っていない場合、貨物の入港が遅れたり、拒否されるリスクがあります。

当社では、必要書類の作成、梱包の手配、及び危険物の輸出入に必要なあらゆる規制条件の順守確保について、貴社のお手伝いをすることができます。